女性の大敵「冷え症」を徹底調査

女性の大敵「冷え症」を徹底調査

冷え症に効くカラダを温める食材まとめ

女性にとって冷えは万病の素とも言われますが、冷え性は年中つらい症状ですよね。
冷えが続くと体に様々な不調が現れるばかりか、毛細血管が収縮してしまっているので、お肌にも栄養がゆきわたりづらくなっています。そこで今回は、冷え性のメカニズムと予防改善のために食べると良い食材をご紹介します。

 

冷え症のメカニズム

通常私たちの体は、気温が変化すると体温を自動で調整する働きがあります。
この調整する働きが様々な要因でトラブルが発生している状態が、冷え性に繋がっているのです。

皮膚の温度センサーが鈍る

冷暖房完備の部屋にずっといたりすると、屋外と室内の温度差が激しくなります。
そうすると季節の調整機能が衰え、神経機能が鈍ってしまうので体温調整がうまくいかなくなります。
足に合わない靴を履き続けても温度センサーが鈍ってしまいます。

自律神経が乱れている

自律神経が乱れると、体温調節する機能にも影響が出てきます。
ストレスを感じていたり、出産、閉経後に起こりやすい状態です。

血液の流れが悪い

血液の流れが悪くなると、末端まで血液がゆきわたらなくなり、
手足の冷えへとつながってしまいます。

冷え症の生活改善による予防・改善

症状を和らげる為に、食事面では体をあたためる食べ物を積極的にとりましょう。

ほかには、筋肉はカラダの中で熱を生み出す働きがあるので、
適度な運動で筋力をつけるのも効果的です。
運動する事で血行が良くなり、手足など末端まで温かい血液が流れやすくなります。

また、湯船にゆっくりつかって冷えて血行が悪くなってしまった体を温め、血行を良くする事も大切です。

冷え症に効くからだをあたためる食べ物

冷え性はなかなか治りにくい症状なので、生活改善をするとともに、体を温める食べ物をたべて冷え性を撃退しましょう

とうがらしのカプサイシンや、しょうがに含まれるジンゲロールが冷え性対策には効果的です。

  • とうがらし
  • しょうが
  • にんにく
  • たまねぎ
  • にんじん
  • 青魚
  • えび
  • かぼちゃ
  • 納豆
  • 牛肉

冷え症がひどい時には控えたいからだを冷やす食べ物

熱帯地域の食べ物や、夏が旬の食べ物は、カラダを冷やすと言われています。
このような食材は、加熱調理をすることで、カラダを温める効果へと変化しますので、冷え性対策には必ず加熱調理をして、生では食べないように心がけましょう。

  • きゅうり
  • なす
  • トマト
  • ほうれん草
  • 大根
  • アサリ
  • 海藻
  • みかん

特に冬場のみかんの食べ過ぎには気をつけたいですね。

いかがでしたか?

冷えは女性の大敵ですがなかなか治りにくい症状です。
適度な運動とカラダを温める食べ物で冷え性を撃退しましょう♪